Tuesday, July 29, 2014
ピーター・ジャクソンが「ビートルズは、『指輪物語』を映画化するためにスタンリー・キューブリックに接触したことがある。これはまだJ・R・R・トールキンが原作の映画化権を売る前の話だ。彼らはキューブリックに話を持って行ったが断られた。僕はこのことで、ポール・マッカートニーと話したことがある。彼もそれを認めたよ。『4人はアイドル』(65)の次にビートルズが作るのは『指輪物語』の映画版だという噂を聞いたことがあった。ジョン・レノンはゴラムを演じることになっていたようだ。ポール・マッカートニーがフロド・バギンズで、ジョージ・ハリスンはガンダルフ。リンゴ・スターはサムを演じるはずだった。ほかにも多くの人々が出演し、いろんな役を演じることになっていたそうだ」と語ったとWENNは伝えている。 ビートルズ版『ロード・オブ・ザ・リング』の企画があったことが明らかに! | ニュースウォーカー (via kogumarecord)
2012年末に散開したTomato n’ Pineの元メンバーであるHINAがYURIAとともに結成した新ユニットFaint*Starが、agehaspringsの総合プロデュースで7月29日にリリースしたデビューシングル「koboreteshimattamizunoyouni」でタワーレコード総合シングルチャート(7/28付)で3位と好発進を記録した。 Faint*Star、好発進を記録 | Faint*Star | BARKS音楽ニュース (via tomapai)

licoricewall:

長澤まさみ (Masami Nagasawa): ‘チャイ飲む?’ (Would you like some chai?)

monoprixgourmet:

なぜ、トウガラシは辛い果実をつけるようになったのか。科学雑誌の中ではもっとも権威のある『ネイチャー』に掲載された論文によると、それは鳥とトウガラシの関係によるとされている。トウガラシの種子は薄くて、いかにも弱々しい。この種子を、例えばネズミが食べると、歯で囓られる上に、哺乳類の複雑な消化器官を通過することで、糞と一緒に排出された種子の発芽能力はなくなってしまうことが多い。  一方で、鳥は果実ごと丸呑みしても、哺乳類より簡単な消化器官なので種子は傷つかず、糞と一緒に排出された後に芽を出すことができる。その上、鳥はその翼により、ネズミより遥かに行動範囲が広いので、野生トウガラシにとっては生きた種子を広範囲に運んでくれるベストパートナーといえるのだ。 (via 月刊 現代農業2013年8月号 トウガラシの辛味の秘密)

monoprixgourmet:

なぜ、トウガラシは辛い果実をつけるようになったのか。科学雑誌の中ではもっとも権威のある『ネイチャー』に掲載された論文によると、それは鳥とトウガラシの関係によるとされている。トウガラシの種子は薄くて、いかにも弱々しい。この種子を、例えばネズミが食べると、歯で囓られる上に、哺乳類の複雑な消化器官を通過することで、糞と一緒に排出された種子の発芽能力はなくなってしまうことが多い。  一方で、鳥は果実ごと丸呑みしても、哺乳類より簡単な消化器官なので種子は傷つかず、糞と一緒に排出された後に芽を出すことができる。その上、鳥はその翼により、ネズミより遥かに行動範囲が広いので、野生トウガラシにとっては生きた種子を広範囲に運んでくれるベストパートナーといえるのだ。 (via 月刊 現代農業2013年8月号 トウガラシの辛味の秘密)

では逗子に「旅館」と分類される宿泊施設は何軒あるのか?「ホテル」はどれだけあるのか調べただろうか。結論として(ほとんど)ない。「立ち回らない」のは「旅館」ではない。「海の家」である。

また「地元の観光協会やホテルなどが逗子市を相手取って裁判を検討し始めたのだ」と記してある。しかし、ご存知の方も多いと思うが、「観光協会」は逗子市役所の経済観光課にある。市と一体だ。「観光協会」が逗子市を相手に裁判を検討するはずはなく、横浜地裁に提訴を行った原告は、「海の家を運営する逗子海岸営業協同組合」である。

このように長谷川氏のコラムは内容全般に渡り、一事が万事、調べれば分かる程度の事実が微妙に「いい加減」に書かれている。(テレビがつまらない理由と共通すると私は思う。)

テレビがつまらなくなった(本当の)わけ(片岡英彦) - 個人 - Yahoo!ニュース (via otsune)
Monday, July 28, 2014
そして、パワハラによる松本総監督解任の画策に失敗した副会長サイドが、「成績不振」を理由に解任決議を強行した、というのが今回の騒ぎである。 東京五輪に向けての選手強化を阻む”競技団体のガバナンス崩壊” | 郷原信郎 (via cycling-ex)

住宅ローンを組むのも、誰かしらが投資ローンで組んだ収益物件に住んで家賃を払うのも、誰かのオプションの売り買いに、どちらかの側に立って参加しているに過ぎない。基本的には相場の売買で売り方だから勝ちとか買い方だから負けとかいうのは無いのと同じで、どっちのポジに立っても勝てるし負ける。単に相場への出入タイミングとレバレッジ具合の違いがあるだけだ。

明日の債券金利や株価が分からないのに&損得勘定する上での変数は山ほどあり期間が超長期に渡るのに、30年後の収支が1千万損でした、いや計算間違いで200万損でした、とかいうのは割引率という概念を知ってる人間にとっては(&REIT界隈のDCFの悪用・曲解を知ってる人間にとっては)●● じゃなかろうか?という感想しか持てない。

id=1332737435 (via otsune)

正しい。賃貸と購入の主な違いは「購入はリスク分散が難しい」というところだと思う。

(via raurublock) (via gkojay) (via tomine)

(via shigesa)

ところで、「最後の作品」を延々と作り続ける姿勢は正しい、と言ったのは私の上司です。というのも、昨年、ルー・リードというミュージシャンが亡くなりました。上司いわく「メタリカとのコラボがルー・リードの遺作になった。加藤和彦も坂崎との『ひっぴいえんど』で終わった。別に悪いというわけではないけど、あれだけの作品作った人間が晩年、すべてに飽きて企画ものに走って終わるというのは、ちょっと悲しい。なのでアーチストは晩年は「最後の作品」を延々と作り続けるのが正しい。大江健三郎のように」ということなのだそうです。これはすなわち、大江のいうところの「自分の小説家としての人生の、かたちをととのえてやろうと思う」ことにほかありません。 modern fart | 大江健三郎を読む女たち 000「マーちゃんにみちびかれて」
「日本文化チャンネル桜」という右翼系のすてきな動画サイトの調査をする機会があって、興味があったのでGoogleのサービスやパネル調査で分析したら、42歳から46歳にでっかいボリュームゾーンがありました。 もう一つのもう少し小さいボリュームゾーンは、18、19歳から20代前半ぐらい。 ネトウヨは、卒業することを知らない | 真のリベラルを探して | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
Tuesday, July 22, 2014
日本に初めて来たときに紀伊國屋書店に行って、感動したのはやっぱり日本の本のデザインです。形や大きさ、手の上での重み……そのすべてが持つ繊細さが、なんでアメリカの本にはないのかってずっと不思議だったので、この『Kuhaku』は、できるだけ日本のそういうセンスに合わせてデザインしたんです。 「パソコン少年が世界的パブリッシャーになるまで。」 クレイグ・モド 1/3「初めて紀伊國屋書店に行ったとき、日本のブックデザインに感動して。」 - DOTPLACE (via worris)